2017年4月19日 茅ヶ崎市防災会議 第2回専門委員会議

2017年4月19日、茅ヶ崎市防災会議第2回専門委員会議が開催されました!

↓↓ここをクリックしてください↓↓
市民安全部 防災対策課 政策担当が公開した茅ヶ崎市防災会議第2回専門委員会議の議事録
茅ヶ崎市防災会議 第2回専門委員会議資料
茅ヶ崎市防災会議 第2回専門委員会議 広域避難場所安全性検証図(公有地について)

しかし、専門委員のコメント、特に関澤愛先生の意見は、広域避難場所がきちんと機能するために必要な指摘を発言されていましたので、関澤先生の記事と合わせて御紹介します。

↓↓ここをクリックしてください↓↓
巻頭随想震災火災時における広域避難の課題・・・・いつどこに逃げればよいのか

岩見委員からの質問:強風(8m/s 以上)時の風向分布は?
市担当者からの答え:次回議題

関沢委員からのコメント:樹木への過大な期待はしないこと。コンクリートの方が強い

加藤委員からのコメント:まずp.14 までは、メガループであり、広域避難場所 NG とする。

関沢委員からのコメント:△についても、小中学校については、除いた方が良い

関沢委員からのコメント:安全面積1万㎡以上としたら良い、及び小中学校は外す(東京も)。

加藤委員からのコメント:基準は関沢に同意。この基準で収容しきれない場合、準基準としてはどうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です