2017年3月9日 また始まった!県財産経営課の動き

神奈川県財産経営課より入手した〔茅ケ崎ゴルフ場利活用事業調査委託業務仕様書〕です。

資料名をクリックしてください。PDF ファイルが開かれます。

資料1.茅ヶ崎ゴルフ場調査委託業務仕様書

資料2.第1回 茅ヶ崎市防災会議専門委員会議

資料3.茅ヶ崎市大規模地震火災避難対策検討業務委託仕様書

ここには広域避難場所としての機能確保などは何も書かれていません…

なし崩しの原因究明も対策も条例制定請求否決で何も出来ません、せめて広域避難場所見直しが終わる迄の継続審議という前例が無くても一歩進む事を、議員、市長が英断してくれていたら

=======

平成27年度に策定した茅ヶ崎ゴルフ場の利活用基本方針素案は、議会での決議を経て決定しました。

平成28年10月に優先交渉権者が辞退した後、

  • どうして事業者が辞退したのか?手続きに問題があったのではないか?
  • 住民による直接請求が行われた茅ヶ崎市災害対策基本条例は、なぜ行われたのか?

反省し、より良い方策を考える必要があると思います。

しかし、平成28年10月末の段階で、県財産経営課担当者に「土地利活用事業方針は変更しないのですか?」と尋ねたところ、
「事業者が辞退しただけで、事業が終わったわけではないので、方針は変更しない」という回答でした。

現在、一人2.5㎡もある広域避難場所としての茅ケ崎ゴルフ場は、寝たきりの要介護者、ベビーカーや車椅子等でも受け入れることができる面積を保有しています。

開発、開発、開発、開発、、、、と続けることで、本当に私達は茅ヶ崎で幸せに暮らしゆけるのでしょうか?

…オール茅ケ崎で県にもの申せば…必ず変えることができると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です